NEWS

構造ワークショップ「Pasta Tower:用・強・美のデザイン」を開催しました

2017年5月20日

2017年5月20日(土)に構造ワークショップ「Pasta Tower:用・強・美のデザイン」を開催しました。矢上キャンパス34棟デザインスタジオ・コラボレイティブデザインルームを会場に、1年生から修士課程1年生まで学生19名の参加がありました。パスタタワーの製作を通じて、高さ、強さ、美しさのバランスが取れたデザインを学びました。

写真1 ワークショップの様子

写真2 日建設計小西厚夫先生の東京スカイツリーの構造デザインに関する特別講義

写真3 関口君・大湊君チーム(86 cm) 高さでは2位でした。

写真4 照沼君・金杉さんチーム(85.5 cm) 総合1位でした。

写真5 森君・森内さんチーム

写真6 竹内さん・相良さん・松岡さんチーム(77 cm)

写真7 松並さん・茂木さんチーム(91 cm) 総合2位でしたが、高さでは1番でした。

写真8 佐藤君・大竹さんチーム(44 cm→42.5 cm)

写真9 石川さん・松山さんチーム(49 cm→29 cm)

写真10 岡君・河西君チーム(83 cm) 小檜山研の大学院生も3位と健闘しました。

写真11 川本君・吉村君チーム(26 cm)

写真12 15秒間の風荷重を与えている様子

写真13 振幅5 cmの地震荷重を与えている様子 直交2方向と回転の3種類の加振を行いました。

写真14 参加者一同(撮影:小西厚夫先生)

優勝チームにはワークショップ企画メンバーである和田菜穂子先生(一般社団法人東京建築アクセスポイント)から著書のプレゼントがありました。

本ワークショップは公益財団法人東京都都市づくり公社「サステナブル防災都市・建築学寄附講座」教育プログラムとして実施いたしました。