メンバー

指導教員SUPERVISOR

小檜山雅之 准教授

小檜山雅之 教授   Professor Masayuki Kohiyama

慶應義塾大学 理工学部 システムデザイン工学科
Department of System Design Engineering, Faculty of Science and Technology, Keio University

大学院 理工学研究科 開放環境科学専攻 空間・環境デザイン工学専修 主任
Chief of the Center for Space and Environment Design Engineering, School of Science for Open and Environmental Systems, Graduate School of Science and Technology, Keio University

研究分野Research Areas

住まい手や使い手が要求する力学的性能を具体化し,建物や構造物として実現するため,性能設計・最適設計の方法論や具体的なアルゴリズムの構築を目指しています。
また,災害が生じにくく,災害が起きてもすばやく回復することができる「しなやかな仕組み」を備えた社会をデザインするため,構造物のリスク評価・被害推定技術を核にした,防災システムと防災すまい・まちづくりの研究にも取り組んでいます。

This laboratory focuses on performance-based design and optimal design of structures that realize architectural and civil engineering structures with the performance demanded by the users and owners. In order to design the society that has the secure and resilient mechanisms against disasters, the disaster reduction systems and disaster-resilient housing and communities are extensively studied, in which risk evaluation and damage estimation of structures take a leading part.

担当科目Teaching Subjects

理工学概論
Introduction to Science and Technology
1年生春・秋学期,電子工学科黒田忠広教授,物理情報工学科田中敏幸教授,安藤和也准教授と共同担当
確率・統計
Probability and Statistics
2年生春学期,大森浩充教授と共同担当
理工学基礎実験
 A実験 応力とひずみの測定
Laboratories in Science and Technology
2年生秋学期,小國健二教授と共同担当
空間設計製図I
Architectural Space Planning and Design I
2年生秋学期,ホルヘ・アルマザン准教授ほか6名と共同担当
システムデザイン工学実験第1
 橋の有限要素解析と最適設計
Laboratories in System Design Engineering 1
3年生春学期,小國健二教授と共同担当
設計・計画の最適化数理
Mathematical Programming for Design and Planning
3年生秋学期,大家哲朗専任講師と共同担当
社会・経済・文化と工学
Society, Economy, Culture, and Engineering
3年生秋学期,滑川徹教授・桂誠一郎准教授と共同担当
空間デザイン海外研修
Space Design Overseas Field Study
2017年度2・3年生春学期,ホルヘ・アルマザン准教授と共同担当
地震工学
Earthquake Engineering
4年生春学期
空間・環境デザイン工学特別講義第1
Special Lecture on Space and Environment Design Engineering 1
大学院春学期,空間・環境デザイン工学専修教員と共同担当
都市・建築レジリエンス概論
An Introduction to Urban and Architectural Resilience
3年生春学期,紙田和代特任教授・ホルヘ・アルマザン准教授と共同担当
都市・建築レジリエンス特論
Advanced Course on Urban and Architectural Resilience
大学院秋学期,紙田和代特任教授・ホルヘ・アルマザン准教授と共同担当

略歴Biography

1993.3 京都大学工学部建築学科 卒業
Bachelor of Engineering, Kyoto University
1995.3 京都大学大学院工学研究科建築学専攻修士課程 修了
Master of Engineering, Kyoto University
1995.4~1996.3 鹿島建設株式会社設計・エンジニアリング総事業本部原子力設計部
Engineer, Kajima Corporation
1996.4~1999.3 鹿島建設株式会社技術研究所 研究員
Research Engineer, Kajima Technical Research Institute
1999.4~2001.3 理化学研究所 地震防災フロンティア研究センター 研究員
Research Scientist, Earthquake Disaster Mitigation Research Center, RIKEN
2001.4~2005.3 東京大学生産技術研究所 助手
Research Associate, Institute of Industrial Science, The University of Tokyo
2002.3 京都大学博士(情報学)学位取得
Doctor of Informatics, Kyoto University
2004.4~2005.3 スタンフォード大学工学部土木・環境工学科 ブルーム地震工学センター 客員准教授
Visiting Associate Professor, Stanford University
2004.4~2005.3 日本学術振興会 海外特別研究員
JSPS Overseas Research Fellow
2005.4~2008.3 慶應義塾大学理工学部システムデザイン工学科 専任講師
Assistant Professor, Keio University
2008.4~2016.3 慶應義塾大学理工学部システムデザイン工学科 准教授
Associate Professor, Keio University
2016.4~ 慶應義塾大学理工学部システムデザイン工学科 教授
Professor, Keio University

所属学協会Affiliations

研究室学生STUDENTS

修士2年生 – Master 2 –
大村 真史
OMURA Masashi
 
洲之内 葵
SUNOUCHI Aoi
 
青海 美沙希
SEIKAI Misaki
 
中道 文人
NAKAMICHI Fumito
 
渡邉 健太
WATANABE Kenta
 
修士1年生 – Master 1 –
岡 一也
OKA Kazuya
 
河西 洋亮
KAWANISHI Yosuke
 
学部4年生 – Bachelor 4 –
赤堀 竜海
AKAHORI Tatsumi
 
足立 航
ADACHI Wataru
 
河村 夏生
KAWAMURA Natsuo
 
清水 勇気
SHIMIZU Yuki
 
横山 春果
YOKOYAMA Haruka
 
横山 裕基
YOKOYAMA Hiroki
 
 
members2017